2017年9月21日木曜日

葛餅の原料になるけど、雑草としてはクズというより、最強レベルの猛者であるのをお忘れなく - 葛(くず)の花(栄区・横浜市)

これが葛の花だったのだ

毎朝、会社までテクテク歩いて通勤なのですが、途中、土手沿いの道を歩きます。
カワセミの棲息している、いたち川が流れていますが、反対は切り立った崖地です。

実を言うと、付近はバイパスの道路工事をしており、この土手道も改良されました。
元来、この道はもっと低かったのですが、鉄骨で嵩上げされて歩きやすくなりました。

しかも、路面は水ハケが良くてざらついているので、雨天でも滑ることがありません。
欄干も両側に取り付けられて、実に便利になりましたが、他に楽しみも増えました。

それは、二十メーター程度の切り立った崖の中腹を、この道が通っているからです。
以前の通り道だと、かなりの崖下なので、上部に繁茂する植物は、分かりません。

ところが、毎日歩いて通う内に、色々な植物が生い茂っていると気づいて来ました。
それが、ツタやツルを這わせる植物だったのですが、これが沢山の種類に驚きです。

ヤマノイモ、オニドコロ、カラスウリ、ヘクソカズラに加え、最近出合ったのは、この花。
冒頭の写真にあるように、赤紫色の花が房状になって咲いていたのを、発見です。

まあ、見つけたというより、路面に花びらがたくさん落ちていたので、気がつきました。
頭上を見上げたら咲いていたわけで、気になりましたので、先ず写真を撮ります。

路面に落ちていた花びら
通り道の全景

うしておけば、好きな時に、ネットで画像検索をしながら、花を見比べられましょう。
ただ、特段に珍しいというほどのものでもなくて、自宅の周辺でも見かけています。

特に、金網で囲われた空き地などで、旺盛なツルを伸ばしながら、咲いております。
だから、月並みな植物だと思いましたが、頭上から垂れ下がって咲くのは風流です。

ちょっと、興趣も湧きましたし調べてみましたが、これがクズだとは知りませんでした。
漢字で書けば葛になり、乾燥させた根は、生薬の葛根(かっこん)として使われます。

風邪薬の葛根湯(かっこんとう)が最も有名ですが、自分も常用する薬の一つです。
もちろん、くず粉は、元来、この植物の根に含まれるデンプンから取られていました。

つまり、食用の植物が、こんなに身近で繁殖しているとは、気が付きませんでした。
一方、この崖には、食用になるムカゴの出るヤマノイモ(自然薯)も生えています。

ところが、このクズは、つるを伸ばして広い範囲で根を下ろすので厄介な植物らしい。
北米では、有害植物かつ侵略的外来種として指定されるほどで、エイリアンだよ。

活発に駆除が続けられているとありましたが、あそこの崖地なら、安住の地でしょう。
昔から、地主さんがあの小山を手放さないでおりますので、ツル植物の天国だな。

というわけで、なんだか、横浜に住んでいるのがウソみたく思えてくる土地柄でした。
最近、残念なことに、土手道の欄干に巻きついていたつる植物などは、区役所の除草作業で刈り払われてしまったので、実にこぎれいでこざっぱりとしてしまい、毎朝の地味目な植物鑑賞を楽しむには、いささか、繁茂したツルの迫力が減ってしまったのを、寂しがる自分がおるのでした。


おまけ:和歌や俳句にも詠まれております

 「ま葛原 なびく秋風 吹くごとに
    阿太(あた)の大野の 萩が花散る」   
             万葉集 作者不詳 

 「梨棗(なつめ) 黍(きび)に 粟(あは)つぎ 延(は)ふ葛の
  後も逢はむと 葵花咲く」
    万葉集 作者不詳 

 「葛の風 吹き返したる 裏葉かな」
               高浜虚子



いいねと思ったら、二つポチっとね!



2017年9月18日月曜日

侵入生物データベースにリストアップされても、可愛いエイリアンなんだよ - マメアサガオ(栄区・横浜市)

道端で拾いました(言い訳)

台風18号が過ぎたので、風のせいで栗の実が道端に落ちたかもと、思いました。
ご近所には、小さいなりにも栗の木の果樹園が二つあるので、それがお目当て。

もちろん、中に進入して失敬するような、お手に縄の掛かるようなことは致しません。
道路に面した果樹園なので、大きな栗の木の枝が、歩道まで伸び切っております。

歩いていると、たわわな栗のイガが頭上で実っていまして、重力にはかないません。
つまり、台風で大風が一晩吹けば、その力で熟したイガは簡単に落ちてしまいます。

これが目当てでして、路上に落ちたものは拾得物として、貰ってくるという分けです。
ところが、果樹園のオーナーも、そこら辺は把握しており、栗は既に収穫済みでした。

それで、アスファルトの歩道は、さっぱりとホウキで掃かれてしまっておりました。
ざんね~ん、もう一ヶ所の果樹園を当って見ようかと行って見れば、先客がいます。

足でイガをつぶして、栗の実を取っているおじさんが既におりましてあきらめました。
それで、仕方が無くて、例の安全柵のある側溝の道まで引き返すことにしました。

それで、柵沿いには朝顔、彼岸花、オシロイバナなど、色々な花が咲いています。
他には、ヤマイノモ、オニドコロなどのツル性植物のツタが柵に絡みついたりします。

まあ、季節に応じて咲いてくれたりするので、通勤にも使う道とはいえ大切なのだ。
それでもって、今日は振り替え休日なので、時間にもしばられず、ぶらりと歩きます。

これって何の花?

いつも通りの花々が咲いていますが、そこでつる性植物の白い花をみつけました。
小さな釣鐘の形をして、多少地味目な花とはいえ、安全柵に絡みつく初顔です。

そこで、家に戻ってからネットで調べてみようと思いまして、先ずは写真を撮ります。
後は、家でググる時、画像検索で、この写真に合致する花を探そうとする次第。

ところが、思いついたキーワードが、ハート型、葉っぱ、白い花ぐらいで、貧弱です。
似たような花は見つかりますが、つる性の植物でもないし、なかなか合致しません。

でも、キーワードをとっかえひっかえ、根気よく探してたどり着いたのがマメアサガオ
これで間違いないと思い、花の名で探すと、侵入生物データベースって何なのさ。

要するに、特定外来生物を紹介するサイトですが、こんな可愛い花も含まれます。
というか、既に日本に定着してしまった帰化植物で、その数は半端なく多いのです。

しかも、自治体の条例の規制対象になっている植物も含まれたりして、厄介です。
このマメアサガオですが、昭和30年に東京近郊での帰化が報告されたのが最初。

現在、関東地方以西で道端などで普通に見られますが、自分的には初耳でした。
それで、小さいなりでも朝顔ですが、帰化しているアサガオ種は、限りなく多いのだ。

チョウセンアサガオは、普通に園芸品種として栽培されますが、渡来には違いない。
外にもホオズキ、サルビア、レンギョウまで定着していたと言われると何だかなあ。

と言うわけで、わが日本国は帰化植物だらけになってしまったのが、理解できました。
確かに、家々のお庭に栽培されている園芸用・観賞用の花々は、元来原産地が世界中に散らばっておりますので、一旦これらが野生化してしまえば、野の花として定着するのは致し方ないことでもあり、実に可愛いエイリアンなんだと思ったのでした。



いいねと思ったら、二つポチっとね!

2017年9月15日金曜日

奈良時代末期に遣唐使が種を持ち帰った朝顔にくらべると、こっちは意外に新参者なのかもね - 彼岸花(曼珠沙華)(北海道渡島以南の全国)

    
通勤途上の道すがら、人目に付かずにはいられない彼岸花に出会いました。
別名は曼珠沙華で、サンスクリット(梵語)の天上の赤い花を意味しています。

一目見れば、悪業を離れられる天の花とも言われ、慶事が起こる兆しらしい。
法華経の教えでは、この赤い花が天から降ってくるというほどの、瑞兆の花です。

歩道の脇には側溝が流れていますが、転落防止柵をかいくぐって咲いています。
しかし、あんな雑草が繁茂するような中で、茎からいきなり花が咲いていました。

本来、植物なら枝葉が伴うべきですが、それも無く、華麗なほどに真っ赤な花。
しかも、花びらが枯れ落ちるわけでもなく、突然、房ごとぽとりと落ちてしまいます。

実際、こういった花の特徴は、血や打ち首の印象につながり、武士は嫌いました。
江戸時代、武家の重罪といえば、切腹打ち首ですから、当然かもしれません。

確かに、あの赤い花はけばけばしさがあり、自然のやさしさとは少し食い違います。
しかも、死者を葬るのに土葬が普通だった昔は、墓場の傍らで咲いていました。

まあ、これには理由があって、有毒な球根だからこそ、わざと植えていたようです。
つまり、モグラなど動物は毒を嫌いますから、死者のむくろを掘り返されませんな。

だから、彼岸にすくっと現れて咲く、この花が幽霊に例えられるのもむべなるかな。
要するに忌み嫌われる要素の多い花なのですが、実のところ種子で増えません。

土の栄養分で球根を肥えらせて、球根を増やす分球の手段を使うといいます。
でも、球根に足が在るわけでもなく、どうして全国津々浦々に散らばったのかな。

朝顔もまだまだ咲いています
しかも、山野では咲かずに、人里で田んぼのあぜや川の土手に咲いております。
理由は、球根が地面に根を張って、あぜや土手を補強してくれる手軽さなんだ。

なるほど、職場へ通う道路わきの側溝も、昔は田畑を潤す小川だったのでしょう。
この流れの上手には飯島市民の森があって、そこを起点にせせらぎが出発します。

今は都市化の影響もあり、付近に往時の農村風景の面影は、全くありません。
でも、あの安全柵を気にせず、すくっと咲いた彼岸花は、川土手の名残のはず。

もし、そうならば、人手に植えられて、全国に広まっていったというのも分かります。
ただ、彼岸花の登場する文献は、室町時代以降というから、近世のお話です。

つまり、奈良時代や平安時代には、彼岸花は存在しなかったように思われます。
だって、気が付いていれば、花を愛でた上流階級は、何かに書き残したでしょう。

それが無いのですから、原産地の中国から渡来した時期は、そう古くはないのだ。
しかも、球根は水でよくさらせば、毒の成分が抜けて、食用にもなるといいます。

だから、飢饉に備えた植物として、農村地帯を中心に広がったんじゃないのかな。
増して曼珠沙華ですから、寺院における布教活動も役割を果たしたのでしょう。

ところで、飢饉に備えた救荒植物は、この花のように有毒な植物が多いのです。
オニドコロという、山芋に似た植物もありますが、食べるのに芋を水でさらしました。

これによって、有毒な成分が溶け出し、残ったでんぷんだけを食べていたようです。
彼岸花も同じく、球根を水でさらしてから食べたようですが、百合根みたいです。

というわけで、実用的な花だったからこそ、昔から大切に扱われたのだと思いました。
もう、今更、飢饉もなくなったことだし、川の土手はコンクリートの護岸に変貌してしまったし、お墓も火葬になって土饅頭は全く見られなくなってしまって、今はただ派手な赤い花の咲く姿だけを楽しむだけですが、そうだとしても、個人的には不吉さなど感じずに、この季節を彩ってほしいものだと思うのでありました。




いいねと思ったら、二つポチっとね!