2018年1月21日日曜日

マックアースというスキー場の運営企業は、本社が兵庫県養父市という豪雪地帯指定地域にある点は見逃せないね - マックアース運営のゲレンデ(西日本各県)

クリックで拡大してご覧ください

お正月のスキー旅行は、名古屋から関西方面へ向けて出撃してきました。
特に、国境スノーパークは、福井県敦賀市近郊のアクセス至便なゲレンデ。

リフト四本程度と規模はさほど大きくありませんでしたが、楽しめましたよ。
そこは、お題の通り、マックアースというゲレンデ企業が運営していました。

それで、この会社は、琵琶湖周辺のゲレンデをまとめて運営している感じ。
国境、マキノ箱館山朽木の各ゲレンデなのですが、ゆるキャラもいます。

そのゆるキャラを前面に押し出して休憩室でPRしていましたが、かわいい。
しかも、この会社で運営中のゲレンデパンフを、各種取り揃えておりました。

中には兵庫県のゲレンデもあって、東日本のスキーヤーにとっては物珍しい。
大体、琵琶湖周辺のゲレンデですら、本当に雪が降るのかって思うぐらい。

確かに、国境スキー場では雪が降りしきる中を、しっかり滑走して来ました。
そして、西日本のスキー場パンフ集めを、しっかりとコレクションしたんだな。

冒頭に掲げた写真は、そのパンフが対象のスキー場の位置を示しています。
殆どが兵庫県北部の地域なんですが、このエリアは豪雪地帯の指定だよ。

まあ、特別豪雪地帯の指定でなくても、山間部のゲレンデはかなり降るのだ。
だから、関西のスキーヤー・ボーダーファンに向けに、立地が集中しています。

これに、大山、神鍋、ハチ高原を加えれば、これが西日本のゲレンデ総ざらい。
残るは、広島・島根のゲレンデになりますが、これはそれ以西の人たち向け。

思うに、人口稠密地帯の京都、大阪、神戸圏の客を当て込むのは当然かな。
だから、マックアースさんも、運営ゲレンデの各種パンフを置いたのでしょう。

でも、ネットの方がPR効果は大きいはずなのに、今更、パンフを使うなんて。
だけど、マーケティング戦略には、プッシュ型とプル型の二通りがあるらしい。

この件は、以前の投稿で書きましたので、そちらを参考にしてもらいましょう
何れにしても、どの時点で「行くスキー場」を決めるのか、よりけりなのかな。

最近のように「早割リフト券」とかあると、現地に行ってから決めることもない。
すでにネットで検索して、ネットから購入してしまうというパターンもありえます。

一方、琵琶湖方面で滑ってみたけど、今度は違うエリアで滑りたくもなるもの。
そんな、お客さんには、パンフで勧誘するって言うのは、古典的でもありだな。

というわけで、東日本の人たちには見る機会の少ないパンフを紹介しますね。
このパンフを見ながら、出かけてみたいと思って人は、ぜひ遠征してください。

自分も三月遠征の参考にしようと思っている次第でして、自分にとっては雪質にこだわることなく、ただひたすら滑っているだけで楽しいオタクですので、今から西日本のゲレンデを楽しみにしている自分がいるのでした。


おまけ:
グーグルドライブはこちらから
全ページご覧ください
グーグルドライブはこちらから
全ページご覧ください
グーグルドライブはこちらから
全ページご覧ください
グーグルドライブはこちらから
全ページご覧ください
グーグルドライブはこちらから
全ページご覧ください



いいねと思ったら、二つポチっとね!



2018年1月18日木曜日

雪彦峰山県立自然公園に所在しているけど、”せっぴこ”なんて簡単に読めませんな - 峰山高原リゾートホワイトピーク(神河町・兵庫県)

     
本邦14年ぶりに、峰山高原リゾートホワイトピークのスキー場が開かれました。
国内で新設されるのは、平成15年の”いぶきの里スキー場”以来、だそうです。

それで立地が面白くて、その前が岡山県新見市なら、今回は兵庫県神河町。
どちらも西日本のゲレンデですが、未だウインタースポーツの需要があるのかな。

確かに、東日本にはスキー場が飽和していて、閉鎖や休止が続いて来ました。
西日本でも、その傾向は否めませんが、絶対数が少ないのでそれ程でもない。

一方、昨年、待望の広島県のゲレンデを訪ね歩きましたが、残念もありました。
つまり、平日にホワイトバレー松原を訪ねたら、週末だけオープンするのが判明。

結局、滑られなくて地団駄を踏みましたが、今季は、とうとう休止になりました。
HPでは、休業を余儀なくされたと述べていて、少し無念さを感じる気もします。

このゲレンデは広島県なのですが、元々、スキー人口も多くない西日本のこと。
だから、滑れらなくなった、このゲレンデは、再開が難しそうなので残念だったな。

他方、土砂降りの雨であきらめた恐羅漢スキー場は、休止はないと思います。
なので、次回に期待するとして、小規模なゲレンデは何時閉じるか分からない。

グーグルドライブはこちらから
国境スキー場でゲットしたぜ

この峰山高原のゲレンデにしても、リフト二本と実にこじんまりしたゲレンデです。
ただ、違うのは、このエリアを通年リゾートとして開発する、事業者の長期構想。

だって、スキー場の受託運営を全国で展開するマックアースがオープンしました。
始めに、リラクシアというリゾートホテルがオープンしており、スキー場が続きます。

そして、今シーズンから営業を始めたことから、それがニュース記事になりました。
14年ぶりというのがトピックになる分けですが、このゲレンデは長く続くと思うんだ。

リゾートホテルも素敵な感じだし、高速道路からのアクセスもまあまあだからね。
神鍋とかハチ北のスキーエリアよりも近そうで、成功する勝算があったのでしょう。

というわけで、今年も西日本にスキー遠征旅行を計画中で、どこかは思案中。
もう一度、広島県を再挑戦してみるか、大山のエリアにするか、神鍋にしようかと、アイデアは尽きないわけですが、このゲレンデは今シーズンオープンしたばかりだから、もう少し後になってから滑りに訪れてもいいだろうと思っていまして、とりあえず、参考になるパンフをゲットできたのはラッキーだったと思ったのでした。





いいねと思ったら、二つポチっとね!



2018年1月15日月曜日

橋幸夫の「霧氷(むひょう)」より、舟木一夫 の「絶唱」 がレコード大賞になるって思っていたガキの頃を思い出した - 御在所岳スキー場(三重県)



おはよう日本は、NHK朝のニュース番組ですが、時計代わりに見たりします。
毎日の出勤で、家を出るまで時間を気にしつつ、ニュースだけは欠かせない。

新聞の購読を止めて十年以上が経ちましたが、テレビやネットで事足ります。
他方、NHKだって偏向報道の一翼を担うような糞メディアには間違いない。

だから、最低限の義務として、地上波の放送料だけを駄賃として施します。
何しろ、戦後七十年も経たのに、自己反省を強いる暗い報道が目立ちすぎ。

朝から自虐史観を繰り返して謝罪と賠償を誘導したくて、キモさ満載なのだ。
これから仕事だって言うのに、気持ちを一瞬で萎えさせるメディアはゾンビです。

最近、NHKの女性記者も過労死が発覚しましたが、組織からしてブラックだ。
それに輪を掛けて、報道自体が硬直化した変態思想の極致はいただけない。

まあ、それでも最近は反省したのか、多少はマシなコーナーも増えたようです。
中でも、地域の冬の暮らしを取材した”冬点描”は、ついつい見てしまいます。

やっぱり、北海道出身だからということもありますが、雪国の風景は懐かしいな。
中でも、「三重県で「樹氷」!その日を予測せよ」ってタイトルは、面白かった。

蔵王で撮影したけど、樹氷かな?

この樹氷は、山形県の蔵王が代表格で、百年以上も前に発見されました。
樹氷林が観光資源になっているほどですが、ここだけと言うわけでもありません。

他には、八甲田山、八幡平、伊吹山、氷ノ山、富士山等も知られています。
そして、暖かい九州・四国地方にだって、高山帯でも樹氷が見られるのです。

それで、NHKが取材した御在所岳ですが、三重県の鈴鹿山脈に位置します。
最高峰ですが、標高が1250m足らずと低い割りに、樹氷が見られるようです。

ただ、日本海側から寒気が押し寄せた天候の中、条件次第で見られるお話。
これより北西の方角には高い山塊がないため、簡単に雪雲が吹き込みます。

この雪雲がご在所岳にぶつかって雪を降らせてくれて、樹氷の元になる分け。
しかも、標高の高い場所では、ブナ林が見られるだけあって冷涼なのでしょう。

なので、北側の伊吹山地にある伊吹山の方が高いのに、こちらは鈴鹿山脈。
千メーター少しで山脈を名乗るとは恐れ入りましたが、魅力もあるのでしょう。

伊吹山を見て奥伊吹スキー場に向かう

だけど、標高が低いせいか、安定して樹氷が見られるかと言うと、そうでもない。
ふもとの湯ノ山温泉だって、宿泊客の期待に応えられるか、気がかりなんだな。

このため、ある旅館は、観光客相手に観望できるかどうか、予報を始めました。
そんなてん末を紹介したニュースでしたが、その樹氷を紹介したシーンが美しい。

行ったことはありませんが、そこは小規模なゲレンデもあって三重県のスキー場。
どちらかと言えば、志摩スペイン村など、同県は温暖な印象が強い気もします。

というわけで、そのギャップが激しい三重県のゲレンデも、滑ってみたくなりました。
一方、樹氷の見られる山塊は、なんと屋久島の宮之浦岳(標高1935m)まで南下できるのが、調べてみて分かったのですが、逆に寒すぎるのか、北海道ではあまり見られないという不思議さもありまして、そんな樹氷で記事を仕上げてみたということなのでした。



いいねと思ったら、二つポチっとね!



にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキー場・スノボー場へ





2018年1月12日金曜日

リフトの乗り降りに、ビンディングをいちいち外す、無様な用具は御免だっていうのさ - ムツゴロウ漁ガタスキー(佐賀県)

   
まあ、自分からしてみれば、スノーボードの原始系が、上の写真だと思います。
有明海で有名なムツゴロウ漁では、ガタスキーと呼ばれる道具が使われます。

泥んこのぬかるみ上で漁をせねばなりませんので、移動手段がほしくなります。
歩くこともままならないので、滑るような道具が必要になり、そりの感じでしょう。

ガタスキーと呼んでいますが、スノーボードとかサーフィンのイメージなんだな。
一方、漁で肝心なことは、人の気配に敏感なムツゴロウにより近づくことです。

それには、このガタスキーなるボードさばきが大切になりますが、風林火山です。
疾(はや)きこと風の如く、徐(しず)かなること林の如く、ムツゴロウを騙します。

でも、そんなスタイルでスキー場を滑走されたら、危なくて危なくてかなわない。
大体、スノーボードは一枚の板に乗るので、制御がスキーに比べて劣ります。

     
それに、滑走中、左右を均等に広い視界が得られないと、いうこともあります。
そうなると、どうしても他の滑走者を確認するきっかけが、遅れてしまうんだな。

要するに、ボード上に立つと、コースに向かって半身(はんみ)の状態になります。
つまり、スキーに比べて半分は死角となってしまい、確認も無いまま滑るんだ。

いやはや、こんなに危険な滑走用具がスノーボードだから、絶対に乗りません。
正直に言いますが、あんなのスポーツじゃなくて、単なる危険遊具でしょうな。

確かに、スキー場を滑走する割合で見れば、今やスノーボードが天下です。
でも、上手に滑っているなあと思える人は、スキーヤーの方が多いと思うよ。

それに、奥伊吹スキー場でも見たけど、ちびっ子たちはスキーレッスンがメイン。
スノボを子供にはかせて教えているお父さんもいたけど、スクールは無かったな。

だから、安全に滑られるスキーの方が、スポーツとしては上等なんだ思います。
というわけで、スノボはスキーより簡単に持ち運べるメリットを否定はしません。

ですが、スキーは、山スキー、クロスカントリースキー、テレマークスキーなど、目的・用途に応じた滑走が、自在に選べる点で優れているのは否定できなくて、スノーボードは山を登ることもできず、平地での滑走も難しいのに比べて、自分だっていくつかその道具を所有して条件に応じた滑走を楽しんでいますので、自分の人生はスキーだけを楽しめれば、それで十二分に満足なんだと思うのでした。


おまけ:
グーグルドライブで見てね
PRしたい意欲は分かるんだけど



いいねと思ったら、二つポチっとね!



2018年1月9日火曜日

物好きな東日本の滑走オタクは、未踏の地、西日本を目指して前進するのであった - 奥伊吹スキー場(米原市・滋賀県)

センターハウス前のゲレンデ

うーん、こんなに混雑する週末のスキー場を、久しぶりに出会えました。
関西エリア最大級の規模を誇るスキー場だと言われるのに、納得だな。

京阪神や名古屋からも近い好立地にあって、積雪も豊富なんだそうです。
まあ、奥伊吹スキー場は、東京方面から出かける価値はあるかもしれない。

三泊四日のスキー旅行で、最終日にわざわざ選んでよかったと思いますな。
なので、混雑していて、リフトに乗るのに15分も掛かるし、良く止まりました。

初心者や子供たちが乗る際、危険と思えば、係員がすぐ停止させてしまう。
だから、リフト一本を乗っていても、四回も途中で停止して、欲求不満だよ。

このヘタッピどもがーと叫びたくなりましたが、人気のゲレンデだから仕方ない。
だって、上級のチャンピオンコースもリフトが止まったし、初心者が乗るのかよ。

ボーダーは滑走禁止のモーグルバーンですが、リフト脇は細めの圧雪バーン。
このならされたバーンをノンストップで降りると、滑走感がたまらないほどでした。

そして、オリンピック三大会の代表になった、伊藤みき選手のホームゲレンデ。
このこぶこぶバーンを自在に滑りこなしたら、そりゃあ、代表になれると思います。

リフトの同乗者で、年配の方から教えてもらいましたが、多分、地元の人だな。
関東から滑りに来たって言ったら、かぐらはいいゲレンデかと聞かれてしまった。

シーズンが長いので良いゲレンデだと言いましたが、本当は面白くないゲレンデ。
途中に長ったらしい緩斜面もあったりして、個人的にはもう行く気がしませんな。

それに比較すれば、雪質さえ良好なら、この奥伊吹は合格ラインのゲレンデ。
だけど、西日本だから暖冬になりやすく、悲惨なゲレンデコンデションになりそう。

それを補って、スノーマシンの設備が、ここかしこに設置されていたのを見ました。
一方、今年は天然の降雪で一メーター越えだけあって、今季は絶好調だよ。

道路を登った先、右側にアルカンデ

ところで、駐車場がP10まであったと思うけど、二千台は軽く収容できそうだな。
整備された道路でアクセスも良いはずだけど、ずっと一本道が延々と続きます。

だから、お帰り渋滞が必至だと思うけど、スキー場を早く出たので分からない。
それに第三駐車場からゲレンデへ直行するエスカレーター名が関西弁で秀逸。

「アルカンデ」とカタカナが振ってありましたが、歩かんで済むの意味なら分かるわ。
あまりの直裁でダサさに微笑んでしまうほどでしたが、しっかり乗ってみましたよ。

というわけで、ここはICカードリフト券だったので、券のコレクションができずじまい。
その点が、リフト券コレクターにとってはマイナスポイントだったのですが、東日本の人間から見ても、このゲレンデは規模が大きくて、集客力のあるゲレンデだと感心しながら、下手糞なボーダーを避けつつも、混雑して来たゲレンデを滑りまくっていた自分がいるのでした。


おまけ:
カード返却保証金は五百円でした



いいねと思ったら、二つポチっとね!



2018年1月6日土曜日

三泊四日のスキー旅行は、明日、最終日で今宵は彦根のホテルなのね ー 南彦根ステーションホテル(彦根市・滋賀県)

揖斐高原スキー場の食堂にて

クワッドのないゲレンデは、何となく設備が旧式に感じるものです。
今回のスキー旅行では、結果としてそんなゲレンデばかりでした。

リフトの設置基数にしても多くて5基で、この国見岳は4基です。
しかも、ペアリフトの一つは、搬器すら掛けられていませんでした。

一方、シングルリフトまであって、懐かしさでこの上もありません。
このシングルですが、奥美濃のしらおスキー場で実際に乗りました。

久しぶりですが、こういうゲレンデが健在なのは、本当にうれしい。
そんなゲレンデ行脚も、明日が最終日で地味目なスキー場にします。

まあ、奥伊吹スキー場にする気ですが、名古屋へ戻る途中だから。
レンタカーを名古屋駅で借りたので、返却する経路になりますな。

1. しらおスキー場(奥美濃・岐阜県)
2. 揖斐高原スキー場(西濃・岐阜県)
3. 国見岳スキー場(西濃・岐阜県)
4. 国境スキー場場(滋賀県・湖北)

上の順番で滑り回ったのですが、宿泊はわざと都市部にしました。 
岐阜県の大垣市、福井県の敦賀市、そして彦根市と便利なのです。

予約しやすいビジネスホテルも多いし、周辺は食事も取りやすい。
それで、4番の国境の後に、箱館山まで行ってみましたが雨です。

午前中に一カ所、午後にもう一つと予定しましたが、天候が悪い。
なので、諦めて彦根まで琵琶湖の湾岸沿いに、車を走らせました。

本当なら今日は二箇所を回りたかったのですが、仕方ありません。
まあ、前日、地味ながら特色のある二箇所を滑ったのでOKかな。

豚汁とカレーライスは定番ですな。
琵琶湖周辺にはスキー場が多いのだ。

揖斐高原と国見岳なんて、地元以外の人がわざわざ来ないでしょ。
でも、あえて滑ったのも、この周辺のゲレンデは歴史があるから。

何かの本で読みましたが、関西でスキー場の発祥は伊吹山みたい。
特に、国見岳のゲレンデは、尾根筋を越えると奥伊吹のゲレンデ。

それだけスキー史に名を残すエリアですから、滑りたかったのよ。
明日、奥伊吹で締めくくりますが、合計で五つだから満足なのだ。

というわけで、今宵は『彦根チャンポン』に舌鼓をうちました。
地方に行くと、色々なB級グルメも楽しめる分けでして、それもスキー旅行の楽しみの一つではあるのですが、やはり雨が降ってしまえば、滑ることもかなわず、今日の午後からの雨は、やりきれないものだと思ったのでした。



いいねと思ったら、二つポチっとね!



2018年1月3日水曜日

スキー旅行で調べるうちに、どういうわけか、タイの洪水で日本企業が大被害を被ったことを思い出した - 国見岳スキー場(揖斐川町・岐阜県)

    
みなさ~ん、新年、あけましてておめでとうございます。
先年、記事はちょっとテロの殺戮現場の写真を載せてしまいました。

ちょっと、生生しいのですが、これも年末までインド出張だったからだよ。
やっぱり、日本とは大違いですが、そんな所でも企業戦士は出かけて行く。

日本企業の海外投資も、次第に遠隔地になり、とうとうインドまで到達です。
かくあれ、おいらの働く企業もそうなのですが、ムンバイにメーカーは少ない。

まあ、そんなことを思いつつも、無事に帰国して、成人の日まで休みをゲット。
日本じゃ、正月休みに入ったというのにカレーばかりの国で働いていたのだ。

安倍政権だって、五日の仕事始めは休んで消費しろって、言っているぐらい。
こうなると、おいらの休み方は、日本政府の意向に沿っていると言えますな。

厚生労働省だって、年末、企業の取得率が49.4%だったと発表したほどです。
だから、休みにしてスキー旅行を決行するのは、願ったりかなったりの決断。

ただ、行こうとしたゲレンデは、悪路のようで、タイヤチェーンを用意しろだと。
スタッドレスタイヤだけでは駄目みたいで、調べましたら、道路が狭いらしい。

県道を走り終えたら、スキー場までの町道が一車線ほどしかないようです。
これが距離にして数キロ、対向車が下りてきたらどうするのよって感じだな。

このゲレンデ、国見岳スキー場は、岐阜県の揖斐川町なので雪は少ない。
つまり、奥美濃より南に位置していて、平野部の大垣市からは北西です。

地理的に見て豪雪でもなさそうで、町だって道路を拡幅する気もなさそう。
だから、チェーン持って来いとか、運転の下手な人はあきらめろってことか。

まあ、大垣のホテルに泊まってから、現地の情報を収集して判断しましょう。
何かしら分かると思うので、初日は、穏当に奥美濃のゲレンデにしました。

ところで、大垣という地方都市なんですが、上場企業の本社が多いのです。
西濃運輸、イビデン、大垣共立銀行、セリア、丸順など、知っていますなあ。

特に、丸順さんは、数年前、タイ合弁工場が洪水で水没してしまいました。
確か、アユタヤにあるタイホンダの自動車工場に部品を納めていたと思う。

なぜ知っているのかというと、当時、自分もタイの工場で働いておりました。
確か、丸順さんは3メーターまで水没したけど、うちらは1メーターでした。

まだマシでしたが、丸順さんはアクアラングを雇って金型を回収したらしい。
水が引くのに時間も掛かったし、あの時の記憶が走馬灯のように蘇ります。

トラックが進めなくなって、歩いた。
女性社員も来てくれたよ。
被災した住民は、ボートピープル化。
ガソリンスタンドも水浸し

というわけで、明日、四日に出発して、七日に戻って来るゲレンデ行脚です。
今回は、岐阜県と滋賀県のスキー場を集中して滑ろうかという企画でして、久しぶりに寒い冬が巡って来た絶好のシーズンだから、この国見岳スキー場も、はや140センチの積雪があるという抜群のコンディションなのに、アクセスの一車線路の坂道を無事に登り切れるのだろうかと言う、不安だけがくすぶる出発前夜なのでした。



いいねと思ったら、二つポチっとね!