2018年5月19日土曜日

東日本と西日本の食文化に隔たりを感じた道産子でもありましたが、粉もん文化は筆頭格に違いないね - たこ焼き・お好み焼き(そのほか)

   
大阪をうろついた四泊五日の旅行は、粉もん食道楽の旅でもありました。
ここと言えば、B級グルメの王道、お好み焼き、たこ焼きの食文化の地域。

当然、出発前に評価の高いお店を探しておいて、食べ歩くことにしました。
それで、場所的には、通天閣のある新世界とか、道頓堀がターゲットです。

結局、時間が足りずに、新幹線の新大阪駅でも帰りがてらに食べました。
それぞれ、大阪へ来ただけのことがある味わいでして、粉もん最高ですよ。

先ず、たこ焼きは、明石焼きの店も含めて、三軒を立ち寄ってみました。
食べた順に紹介しますが、どの店も捨てがたいが、コスパは多少違います。

あっちち本舗(道頓堀店) 8個500円
かんかん(新世界)  8個350円
たこ家 道頓堀くくる( JR新大阪駅店) 8個750円

うーん、かんかんのお値段はコスパ最高ですが、素材にチープさを感じます。
ただ、このお値段で、立ち食いでほおばる食し方なら、絶対にお勧めだな。

次のあっちっちは、並んだから焼き立てにありつけ、表面の焼き上りがグー。
中のトロトロ感との対比が絶妙なのと、具のタコがコリコリしておいしかった。

最後の明石焼き、くくるは、具のタコが一番おいしく、たこ焼きとも違う食感。
つまり、店によって味わいに違いがあるので、たこ焼きの食べ歩きも面白い。

   
これに加えて、お好み焼きに加え、すじねぎ焼きの変形バージョンもトライ。
お好み焼きは、有名な風月にしましたが、もちろん鶴橋の本店を攻めます。

冒頭の写真は、お店のお姉さんの手際が良くて、ついパチリと撮影しました。
それで、この鶴橋は焼き肉店も多いのですが、在日の多い商店街が迷路だよ。

アーケード街をうろつき回り、韓国風の海苔巻きを買って立ち食いしました。
チジミなんかも売ってましたけど、これも粉もん文化の一つなんでしょうな。

最後に、紹介するのはねぎ焼きですが、これは上さんが探し出してきました。
旅行最終日、もう一点、粉もんで勝負したかったらしく、これはおいしかった。

それで、十三が発祥の地なんだそうですが、”じゅうそう”と読むのが難しいな。
ただ思い出せば、昔、大阪キー局のTV番組から、この地名を知りましたよ。

”てなもんや三度笠”なのですが、藤田まことが”十三の姉ちゃん”と言うのだ。
”姉ちゃん、姉ちゃん、十三の姉ちゃん”って、ゲストの女性に声をかけます。


そして、突然ギャグらしく、劇中CMで”当たり前田のクラッカー”というのです。
このバラエティー番組は、一応、ドタバタでも時代劇で筋書きはあるのです。

でも、このクラッカーは、ついに北海道の店頭で見ることはありませんでした。
当時、日清食品の”出前一丁”にしても、マルちゃんばかりで見かけません。

CMで見ても買えない食品、それ程、東日本と西日本は隔たっていました。
しかも、五十代になって、前田クラッカーを業務スーパーでやっと買えました。

これも、この会社の営業基盤が関西だったこともあり、流通できたのでしょう。
というわけで、粉もんは、かの地で食べてこそ、地元の食文化が楽しめます。

例えば、広島が発祥の百均のダイソーでは、イカリソースが売られていますが、初めて目にしたとき、これが大阪の食品メーカーであるのを、わざわざネットで調べたほどでして、東日本に住む人間にとっては、まだまだ目新しいブランドがあるほどですから、粉もんにしても、ご当地で確かめないと、本場の味は賞味できないと思うのでありました。

※”ねぎ焼やまもと” は、新幹線の新大阪駅改札口内で賞味できますよ。



いいねと思ったら、二つポチっとね!



2018年5月16日水曜日

ホルモンを串に刺して焼いていたじゃりん子チエを見て、道産子は驚いたという昔話 - ホルモン焼き(そのほか)

  
漫画、じゃりん子チエが人気を博したのは、三四十年前のことです。
話し言葉が大阪の下町らしく、余りガラ(柄)もよくなさそうでした。

北海道に住んでいる自分にとっては、関西なんて夢の遠い場所です。
ただ、地方試験を開いている関西の大学が多いので受験はしました。

そして、同志社の商学部に合格しましたが、仕送りがバカにならない。
だから、親の懐具合も考えまして、地方の大学に引きこもったのでした。

それでも、この大学は私立でもないのに、親戚縁者が通っていました。
この先、北海道で金融、商業で生計を立てるのなら、手っ取り早い。

就職に困らなかった背景もありましたけど、そんな十代後半の思い出。
関西がより身近になりましたが、笑福亭鶴瓶も、その頃に知りました。

  
深夜放送のパーソナリティーとして有名だったのが、北海道にも届きます。
関西ローカルのラジオ曲でしたが、雑音の中をかいくぐって選局しました。

夜間は、上空にある電離層が中波を反射し、遠距離でも受信できます。
なので、こつこつダイヤルを回して探り当てて、よく放送を聞いていました。

当時は、若者の相談を受けて、親身に答えていたのが思い出せますな。
そんな受験の頃を懐かしく思い出しますが、そんな若き北海道の時代。

でも、関西弁なんて漫才の世界で、なんだか別世界にも見えたものです。
高校の修学旅行も飛行機ではなく、ブルートレイン・新幹線で関西だった。

はるかに距離感を感じるような遠隔地なのは、当時、間違いありません。
それで、なぜ、思い出したかと言うと、今回の大阪旅行が発端なのです。

だって、宿泊先が大阪西成区のど真ん中で、このチエちゃんの舞台なの。
ホテル、O-KINY(おおきに)って、記憶を蘇らせてくれて、ありがとう。

  
マンガは、大阪市頓馬区西萩と言っていましたが、間違いなく西成区。
西萩の地名だから、萩ノ茶屋というのは、誰しもが想像のつくことです。

それで、小学生の少女が、ホルモン焼の店を経営するという異次元さ。
しかも、父親は、ろくに仕事もせずバクチに溺れて周りの人間にたかります。

そんなだらしない父親との生活と、下町の人々との繋がりも濃密なんだ。
北海道は気候が厳しいから、こんな人に依存するような生活は送れない。

冬の寒さが厳しくて、どんな人でも、それなりに備えて暮らさねばならない。
だから、アリとキリギリスなら、道産子はこつこつアリみたく暮らすってこと。

だから、地域間のギャップもあり、正直、このマンガの面白さが分かりません。
なぜ、人気が出たのか分からず、一方、北海道に被差別部落は全くないのね。

よく、左派系の思想家が、人気の背景を探り出そうと部落を取り上げた。
でも、こじつけで判然としなかったのですが、今回の旅行で分かったような。

  
なるほど、これが西成かと思ったけど、都会に住めばどうにか暮らせるのよ。
都会に住めばなんとかなるって、田舎から出てくる人の気持ちも分かるな。

それが、朝鮮から流れて住み着いたっていうのが、鶴橋ならそれもそうだ。
でも、あの狭い商店街の中で、生活を送るのは、道産子には絶対に無理だよ。

そして、地域の不動産紹介を見たら、1Kのアパートが家賃で月四万円。
物価も、暮らし向きに併せてお安くなっていますので、心地良いのかもね。

というわけで、串に差すホルモン焼きは、北海道になかったので驚きました。
チエちゃんが、串に指して焼いている情景がありますが、北海道では網に載せて焼くのであって、一方、大阪弁では、家畜の内臓は捨てるもの=放(ほ)るもんからホルモンになったと言う語源説があるのですが、道産子弁でも捨てるのは、”ほる”というので、同じホルモン焼きが好きな地域では、言葉も似たものがあるのかと思った次第なのでした。


いいねと思ったら、二つポチっとね!



2018年5月13日日曜日

みずぽたんは、もし、ホロン部国会議員連盟があれば、会長就任に間違いないと思うんだよね ー 社民党福島瑞穂議員のツイッター(そのた)



社民党の福島瑞穂副党首が、神様に辞任を求めたと話題沸騰中です。
ツイッターで思わずつぶやいた心情ですが、その任命権者は安倍総理だよ。

”麻生大神を罷免べき”、だそうで、麻生太郎さんは「神」だったのでしょうか。
”それをしないのであれば、セクハラ容認内閣といえます。”って、支離滅裂。

しかも、”べき”の助動詞に名詞をそのまま付けて、動詞と連携しない作文。
本当は”すべき”であって、日本人が、こんな文章を日本語で書くわけない。

だから、どんなに安倍政権を批判しても、怪しい日本人の印象付けなんだ。
よしんば、背後でゴーストライターにツイッターを任せるなら、人選が悪すぎ。

そして、日本語の不慣れな、なりすまし日本人が、書ているのではないか。
言葉を操っても、本当は日本語がおかしい在日本居住者なら、御免だよ。

もし、真正日本人がこんな文章を分奏を書いているのなら、病気でしょう。
こんな文法も判断できないような居住者に、政権批判は許されませんわ。

訂正した文章は、内容が滅茶苦茶になった。

一方、本人が文章を書いているのであれば、もう政治家としてアウトです。
これで、司法試験を受かって弁護士になったのかって、言いたくなります。

これが野党の国会議員ですから、安倍政権は、絶対にピンチになりません。
だって、何を批判されても盤石なのは、総理に任命された大臣が神だから。

しかも、大神(おおみかみ)なんだし、他方、ホロン部まで思い出しました。
このホロン部というのは、2チャンネルに現れた日本批判の集団を指します。

なぜ、ホロン部というのか、それは学校の放課後のクラブ活動みたいだから。
特定の時間に集中して登場するので、半島系の学校だと仮定されました

それで、どうしてこんな日本語になるのかは、変換ミスを犯しているからだな。
ローマ字入力なら、漢字、熟語、仮名遣いを正しく変換させねばならない。

ホロン部誕生の書き込みだけど、日本語が変?
反論の書き込みになると、支離滅裂で、すでに日本人ではない

当然、外国人もアルファベットでローマ字入力は簡単でも、問題はその先。
適切な日本語の要素を選択しながら、正しい日本語に仕上げなくちゃね。

話ことばだけで日本語を覚えて、正しい文章の作法を学んでいないのか。
だから、日本国の義務教育を受けていない居住者だと、疑われるのです。

というわけで、みずぽタンは、もし、ホロン部国会議員連盟があれば会長だ。
国会議員は、何でも議員連盟を作ってしまうのが好きらしく、イクメン議員連盟、マンガ・アニメ・ゲームに関する議員連盟、宇宙エネルギー利用推進議員連盟などなど、でっちあげるのは勝手らしいので、ぜひホロン部国会銀連盟をおったてて欲しいと思ったのでありました。




いいねと思ったら、二つポチっとね!



2018年5月10日木曜日

兵庫県でダボはドアホですが、北海道では”はんかくさい”って言うのを思い出しつつ、傘修理 - 認知症だった父親の持ってきた傘(そのほか)

     
使い古しの傘で、親骨と受け骨をつなぐダボの部分が、壊れてしまいました。
もう十年以上も使い込んできた傘ですが、突然に現れた当時を思い出します。

だって、知らない間に、玄関のドアノブに引っ掛けてあったのからなのです。
当時は、認知症が進んでいた親父を引き取って、二人暮らしを始めたばかり。

ぶらりと外に出ては帰れなくなってしまう父親を、必死で世話していました。
それで、今になって思いだせば、父親がどこかから持って来たのかもしれない。

でも、どこへ返却してよいのかわからず、玄関の傘置きにほったらかしたまま。
その内、傘の直径が意外に大きいとに気づいて、雨の強い時に使いだしました。

自宅から職場までは二キロ近くで、早歩きで二十分も掛かるから、雨は嫌です。
雨足が強くなれば、ゴム長靴に登山用のレインウエアを着て、それでも傘だよ。

デイバックにレインカバーまで被せて、自宅を後にしますが、完全装備なのだ。
これに、この大きめの傘を差して、強風だろうが骨が強いからビクともしない。

でも、寄る年波には勝てず、ついに受け骨のダボが、外れるようになりました。
このダボって単語が変わっていますが、ドイツ語から来た外来語だそうです。



でも、兵庫県でダボっていうと、どアホを意味するののしり言葉なんだとか。
何でも、昔、明石藩家老の織田伊織の息子が織田保という名前だったのです。

だから、いたいけな庶民は、織田保→おだぼと陰で呼んで悪口を言ったらしい。
一方、ゴルフのダブルボギーをダボとも言いますが、まったく違うことです。

それで、この傘のダボですが、ハトメも外れるし、細くなった柄も折れます。
もし、ハトメの代わりに針金を通せば何とかなりますが、折れたらどうする。

それで、応急処置を施したのが冒頭の写真で、丸形の圧着端子を使いました。
工場が勤め先なので、生産ラインに行けば目当てのパーツが転がっています。


適当にアース線を付けるとか言いまして、二三個現場で譲ってもらいました。
しめしめ、修理パーツがロハで入手できたし、修理すれば傘も無事開きます。

というわけで、北海道弁でダボなのは、はんかくさい奴というのでありました。
そんなことを改めて思い出しつつ、傘の修理に挑んだのでありますが、DIY店でも修理キットが売られておりますので、この丸形圧着端子が上手く行かないのであれば、キットでも購入して、改めて修理してみようかなと思ったのでありました。



いいねと思ったら、二つポチっとね!



2018年5月7日月曜日

大阪まで行って、中古品のCPUを買わずにはいられないほど、お古なPCのお話 - AMD PhenomII X4 910e (そのほか)

なんば日本橋じゃんぱら・ドスパラ

大阪日本橋は、南海の発着する難波(なんば)からは、目と鼻の先です。
東京で言うなら、秋葉原といった印象の強い電気街で、PCパーツもあります。

特に、中古品も探せるので、お古のPCに乗せ換えるパーツも探せるんだなあ。
僕が良く行くお店は、”じゃんぱら”という店の名前ですが、大阪にもあります。

当然、秋葉原は数店舗もありますが、大阪も三店舗もあるので驚きました。
もし、お古のPCに乗せ換えできるCPUが見つかれば、大阪だって買います。

こうして、ホテルの部屋でタブレットをいじりながら探したらありました。
お古のマザーボードは、AMDのCPUが必要なアスロックの880GM-LEなの。

ソケットのタイプもAM2+とかAM3なんだけど、最近は中古すら出回りません。
しかも、発熱量が高くて125Wとか、アイロンを基板に乗っけているみたい。

当然、電源もCPUのクーラーもファンがかくなり、音がやかまくて爆音だよ。
騒音PCがいやになって、性能は落ちても低電圧版CPUにするのが健康的。

こうして、探して発見したのが、フェノムIIのX4 910e(65W)版でした。
これなら4コアだし、普通のネット検索ぐらいなら、十分に使える性能だな。

  
ただ、4480円が高いのかどうかは分かりませんが、もうひとつありました。
それは、アスロンII X4 620でして、半値に近いけど使用感があるという評価。

このCPUは既に、もう一台のPCに搭載しているので、あえて使う必要もない。
ならばというわけで、フェノムIIにして難波周辺へJR線で行ったのが運の尽き。

なんば地区は意外にでかくて、地下街が蜘蛛の巣のように伸びて迷いました。
地上に上がり、目印のセブンイレブンを探したり、ようやくたどり着きました。

そしたら、ここは本店じゃなくて三号店だといわれて、更に歩いてお買い上げ。
わざわざ、大阪からお輿入りさせたCPUですが、乗せ変えてもOSが動きます。

ウインドウズは、マザボやメモリーを変えない限り、CPU換装ならOKなんだ。
だから、ウインドウズ7がそのまま動いていますが、やはり10より遅いな。

これはOS自身の問題なので、10をインストールしてしまおうと考え中です。
というわけで、十年前の高速なデスクトップでも、未だに現役に使える代物。

ネットで色々と調べてみましたが、最近はラップトップが人気のある機種なので、バッテリーの持ちをよくするために、どうしてもCPUの電力消費量かつ処理能力を下げざるを得なくて、それがために、十年選手のデスクトップ用CPUでも競い合えるとは、思っても見なかったのでした。



いいねと思ったら、二つポチっとね!



にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキー場・スノボー場へ






2018年5月4日金曜日

大阪は、なぜか謎の迷路のアーケード商店街で満ち満ちていたのであった - 萩ノ茶屋・いまいけ商店街(大阪市西成区)

  
翌日が憲法記念日だったのですが、早々と国旗が掲揚されていました。
しかし、通りに二つも日本国の国旗が掲揚されていて、驚きましたな。

昔は、どの家でも国民の祝日に国旗を掲揚する家が、多かったものです。
それが、今では廃れてしまって、商店街で掲げるのは律義な気もします。

ここは今池商店街、ホテルのある萩ノ茶屋商店街から続いていました。
ここ西成区には、特徴的なアーケード街があって雨の日には便利なんだ。

傘をさす必要がないから、天候に関係なくブラブラ探索できるのが魅力。
ただ、大きな通りが貫いていたりして、そこは横断歩道を急ぎ渡ります。

それで、この西成区には、アーケード街が16ケ所もあるんだそうです。
旅から帰ってきて調べましたが、知らないでうろつき回っていました。

新今宮駅近くの動物園前一番街

毎日、ホテルから遠くまで出歩いていましたので、訪ねるのは早朝です。
だから、お店もまだ開いていなくて閑散としていますが、夜は違います。

ほとんどが一杯飲み屋で、ちょっと日本語が片言の若いおねーちゃんも。
経営者は日本人でも、客の相手をするのは、ちょっと見、可愛い外国人。

ホテルのまかないの人が言っていたけど、千円札一枚でベロベロに酔える。
だから、センベロって言うのだそうですが、自分は酒を飲まないので残念。

ホルモンうどんの”きらく”では、つまみのホルモン皿が百二十円とお安い。
うどんをすすっていると、隣の若いあんちゃんが、ビールの小瓶で一杯だ。

いやはや、酒飲みには楽しそうな商店街だけど、西成区の風評は今一です。
これも、差別用語のニコヨン、日雇い労働者が、住み着いた街のせいだな。

路上生活者も多く、住所不定なんかは当たり前で、逃亡犯も逃げ込みやすい。
ただ、若い人が極端に少なくなり、年寄連中ばかりで、生活保護なのだろう。

華商会は、華僑の多いタイでよく見ました
ビギナー向けの黒門市場

この人たちが、若くて血気盛んだった頃は、暴動も起きやすくて危険でした。
その証が、西成区の警察署だけど、バリケードと鉄の門で守られた城塞警察。

ホテルから目と鼻の先だったけど、消防署も似たり寄ったりで、衝撃も走る。
でも、アーケード街の一杯飲み屋や立ち飲み屋に、そんな危ない印象は皆無。

だって、立飲みホルモン屋で、若い女性も混じって酌み交わされていました。
うーん、ディープだなあ、ディープだなって呟いたら、上さんが聞くのです。

ディーㇷ゚ってどういう意味なのって言われましたけど、要するに奥行きだな。
大阪の街と単純に言うには、あまりに表面的で、その内面は奥深いものがある。

庶民の暮らし向きが生き生きしてリアルなのが、このアーケード街なのですよ。
だから、観察して飽き足りませんが、通りすがりの旅人だから許されますな。

人々の日常の迷惑にならぬよう、お邪魔にならぬように、ちょっとだけご厄介。
というわけで、最近のインバウンド外国人旅行者も、新たな魅力になるかもね。

これより、やや敷居の低い黒門市場というのもありますが、これはもう外国人旅行者が、買い食いを楽しむ聖地みたいな場所になってしまっていて、もっと大阪のディープなエリアを知ってもらうには、この西成区も果敢に参戦して、かつての風評を塗り替えるような活躍をしてもらいたいものだと、思うのでありました。



いいねと思ったら、二つポチっとね!